never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

やってきたよ、ドルイドさん!

やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)

やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)


MF文庫Jライトノベル新人賞佳作といわれてもいまいちぴんと来ない。イラストが絶叫先生だから買いました。積んでました。ごく最近消化したので感想メモ。
「やめられない・とまらない・サクサク読める日常系コメディ!!」ということで、中身はさくっと読めました。読めたけど、あんまりにもドタバタしすぎてちょっとついていけない感じです。自然と共に生きるドルイド少女とのほのぼのコメディかと思いきやアンドロイドならぬアンドルイドまで出てくるし。小ネタとエピソードがすっごい詰め込まれてて、それをかみ砕く間もなく次にいってしまう気がしました。
キャラクターは結構魅力的だと思うんだけど、あまりにも流れが速すぎてその魅力が十分に発揮されてない気がする。
何とも微妙だなぁ。