never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

white pulsation

white pulsation (初回限定盤)

white pulsation (初回限定盤)


アニメef1期のOP「euphoric field」でデビューしたELISAのファーストアルバム。
「euphoric field」が発売されたときはCDを売るバイトしてたんですが、発売前日に入荷数売り切って、その後もやたら売れてた思い出があります。って、ELISA公式サイトのバイオグラフィによると3万枚売れたらしい。すげぇ。
実はこのアルバムと同じ日にRitaのアルバムも発売だったので、買うかどうか迷ったんですが、買ってよかったです。むしろRitaのアルバムより印象が強い。
そもそも曲作ってるメンバーが豪華すぎます。参加作家陣の代表作が公式サイトに載ってますが、天門はもちろんElements Garden志倉千代丸田代智一とか。聞いていて水樹奈々を彷彿とさせる曲が多い気がしたのはこのせいかと思われる。
ウィスパー系な声なので聞いてて心地よいです。合唱とかオペラをやってた経歴があるからでしょうか。それにいろんなタイプの曲があるので飽きない。
ジャケット、ブックレットの写真が教会の中とかステンドグラスをバックにしてるのはefの内容を前提にしてるからかもしれないけど、それを考えなくても綺麗でいいなぁと思います。
付属のDVDはそれなりかなぁ……。「euphoric field」と「HIKARI」のPVがTVサイズなのはわざわざこのアルバムのために作ったからなのかな? フルサイズで欲しかった。ライブ映像は、歌は上手かったけど、カメラワークが微妙な気がした……。
こんな感じです。ELISAには今後も期待。
ところで、ジェネオンはELISAを「キングレコード水樹奈々」みたいなアーティストにしたいんじゃないだろうか、とも思ってしまいました。曲作ってる人たちだけを見てもかなり力入ってるし。ELISA自身もすごい綺麗な顔してるしまだ若いし。それに、CD購入者はライブチケット先行予約ができたんですが、そこの予約フォームのアンケートに「シンガーだけでなく、今後アニメ声優としてのELISAの活動も期待しますか?」っていう質問がありました。声優までしなくてもいいんじゃないのって思うけど。
……なんかやたらマニアックな感想?考察?になってしまった……。

  • 個人的メモ

アニメイトTVのインタビュー
まんとらのインタビュー