読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

magnetism

発売から1週間のうちに感想を書いておきたいので今日もCD感想。

magnetism

magnetism


ランティスから出たRitaのアルバム。すっごい楽しみにしてたんだけど、同日発売のELISAのアルバムに比べると見劣りならぬ聴き劣りしてしまいます。買った日が違えばまた違う評価ができたんだろうけど、残念。
聴いた全体的なイメージは、ジャケットから受けるイメージとだいたい同じで、柔らかく明るくてカラフル。聴いていて楽しくなる感じもするかも。
やっぱ、ゲームの主題歌は印象強くなるよう作ってある(と思う)ので目立ってます。アルバムオリジナル曲でやたら印象に残るのはトラック11の「stardust train」かなぁ。これはなんていうゲームの曲だ?と思ったらアルバムオリジナル曲でちょっと意外だった。あとトラック1の「nano universe」も良曲ですね。アルバムの冒頭に持ってきたのは正解だと思う。
ところでRitaといえばいわずもがなエロゲー歌手ですが、私、Ritaが曲を歌ってるゲームは全年齢のリトバスしかやったことないです。しかもリトバスも小毬ちゃんルートしかやってないし。
なんで私こんなにRita好きなんだっけ?きっかけはたぶんニコ動だな。