never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

プリンセスハーツ 乙女の涙は最強の武器!の巻

プリンセスハーツ―乙女の涙は最強の武器!の巻 (ルルル文庫)

プリンセスハーツ―乙女の涙は最強の武器!の巻 (ルルル文庫)


刊行から半年以上すぎたラノベでいまさら感想書くのもな、と思いつつ、このブログは私が読んだ本の個人的なデータベースだし、ということで書く。
刊行されてすぐに買ったはいいものの、今まで積読になっていました。読んだきっかけはこれの続きの巻が出てしまったからであり、その続きの巻ではイラストレーターが変更になっていたから、ということでした。イラストレーター変更についてはいろいろ思うところがあるけれども、たぶんすぐに続きの巻を読むと思うので、何か書く気になったらそっちの感想で。
このシリーズを読んだのは1年ぶりだったので、前の巻をだいぶ忘れてしまっていましたが、個性の強いキャラクターたちのおかげで楽しめました。オルプリーヌがすっごく悪女。それに”墓場”とジルはどう関係あるのか気になります。
あ、ツンデレ夫婦いいですね。前半はジルが捕らえられてたからあまり感じなかったけど、後半、特に最後のほうはいつものツンデレ夫婦でした。
ところで今さらながら、高殿円はビーンズ文庫で同じ世界観の小説を書いていることを知りました。ちょっと気になるけど、どうしようかな、というところです。