never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

ボドゲオフ二次会っていうか美少女文庫とリアル変態TL

変態ばっかりでした。変態ばっかりでした。大事なことなので2回言いました。
二次会があるって最初知らなかったのでいったいなにがあるんだと思っていたら「この美少女文庫がすごい」選評会でした。ボドゲ会の時のボーナンザ組がお店の個室に入るなり美少女文庫を机に広げるでるたんさん。店員さんの目なんか全く気にしておりません。
個室にはテーブルが3つあったんですが、昨年刊行された美少女文庫全36冊を読破したという美少女文庫部のUSA3さん、でるたんさん、リッパーさんが一番奥のテーブルに座り、外野であるゐんどさん、INNさん、でゅろんさん、龍花さん、わたしの5人は違うテーブルにつきました。
USA3さんにより外野の人たちにも「フランス書院美少女文庫 2008年刊行リスト」というものが配られました。ナンバー、タイトル、著者/イラストレーター、刊行年月、属性が表になっているものです。これが外野に配られると、美少女文庫部の人たちは真剣な座談会をはじめました。もはや外野は首をつっこめないほどの真剣さです。その様子はあとからきたことひとさんにより撮影されております
外野の私たちはその表を見てなにをしていたかというと、最初は「タイトル大賞を決めよう」とか言いつつどうしようもないこと話してた気がします。
「タイトルにハートマーク多い」「なぜサムライガールなのに決戦がパリなんだよ」「『いもうと商店街』っていったいどんな内容だ」「生徒会長人気ある」「属性に『萌え』が全部入ってる」「属性に『純愛』と『調教』が一緒に入ってるのは二律背反」「属性の『イジメられたい』っていうのは男がいじめられたいのか女がいじめられたいのか」「妹多いけど姉少ない」「ファンタジーが意外と多い」「属性『フェチ(尻、乳その他)』の『その他』って何だ」「『お姉ちゃんはくノ一なんだぞ!』」「今のそれちょっと萌えた」「民族衣装はチャイナか」「チャイナよりアオザイがいいよ」「アオザイいいよアオザイ」「アオザイってなに」「アオザイはベトナムの民族衣装でスリットが……」
あとは「『とある魔術の禁書目録』とか『とらドラ!』は美少女文庫のどの属性にあてはまるか」とか、「属性『発情/催淫』に当てはまるラノベはあるのか」→「二ノ宮くんだ!!」とか。
こんな感じでした。外野なのに途中からもう(ラノベにちょっとは絡んでるけど)アホな会話です。この間美少女文庫部の人たちは静かに語り合っています。外野の人たちが美少女文庫部の人になにか尋ねようとするとうるさいとみなされたりしたらしい。途中からいろいろ文庫をまわして見せてくれたけどね。しかしお酒で酔った頭に美少女文庫のあらすじは「日本語でおk」って感じでした。
ちなみにでゅろんさんがMacBook+イーモバでアオザイがどういうものか見せてくれました。ラ管連の人たちはアオザイ属性らしいですね。
そしてこのあたりからでゅろんさんやでるたんさんや龍花さんが盛んについったーのタイムラインに出没しはじめます。
あ、もちろんまともに最近のラノベについても語ったりしてましたよ!! 特に新人さん刊行ラッシュがあったあとなのでそのあたり。
ことひとさんが来たのはこのあたりかなぁ。お仕事おつかれたゆんでした。
で、美少女文庫部の人たちが選ぶ「この美少女文庫がすごい」は満場一致でとある作品に決まったようでした。そのうちUSA3さんから正式発表があるそうです。
そして満場一致ということでわきたつ外野組。その場でその作品をアマゾンぽちってた人もいるほどです。「わたしも読んでみたいー!」と言ったら美少女文庫部満場一致で「ダメダメ絶対ダメ」って言われました。そしてそこで始まる「ラノベ読みの女子に読ませる美少女文庫選評会」。「あこやんがどういう属性かわからないからなー」とか「一人とハーレムだったらどっちがいい?」って言われたりしました。いったいその質問にどう答えろと言うんだでるたん!!
で、美少女文庫部の人たちがすっごく悩んだあげく3冊の本を出してきました。それがこちら。わたしはこれ読むべきなんですか? いまだに悩んでいるんですけど。
で、この辺からラ管連ボドゲオフっていうよりついったーオフみたいになってきました。ついったーのタイムラインと飲み会の会話が融合しはじめます。カオスすぎるのででゅろんさんのまとめでも見てください!
もーほんとカオスでした。iPhone持ってることひとさんとゐんどさんとでゅろんさんはライトセイバーアプリで打ち合いはじめるし。カオスにもほどがあるwww
とにかく変態ばっかのリアルTL飲み会でした。変態になるのはAAA所有のわたしのせいだと言われましたがそんなの知らないよ。
もう上手くまとめようにもまとめらんないです。参加された方、美少女文庫部のみなさん、自称他称変態のみなさんお疲れ様でした。