never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

火目の巫女

頭がピンクになって感想かけなくなる前に書いておこうと思った。

火目の巫女 (電撃文庫)

火目の巫女 (電撃文庫)


ついったーで勧められたのとMAD動画で興味を持ったので一気に3冊買ってみました。とりあえず1巻の感想です。
ぶっちゃけてしまえば、一番最近読んだ杉井光が「ばけらの!」だったので、杉井光ってこんなにまともなお話書けるんだー、と感心してしまいました。それに三人称だし。
内容も重ためのファンタジー。
主人公の伊月はかなり無鉄砲な女の子ですが、杉井光の小説の中ではたぶん一番好きな主人公キャラ。ちょっと空気読みなさい、と思うところもあるけど。佳乃も良いヤンデレですね。
で、思いました。な ぜ 殺 し た!!!!!!
口絵にも2ページ使ってて、本文でも可愛らしさとすごいいい子であることをアピールしてて、この小説のなかで一番好感が持てるキャラクターだわと思っていたのに!!

なかなか面白いファンタジーでキャラクターもすごく魅力的なのばっかりなのに、鬱だー超鬱だー。
でも続き読んでるよー。2巻はちょっと百合っぽい。