never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

生きてるだけで、愛。

こんなわたしでもたまには純文学だって読みますよ。

生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)

生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)


文庫化したので久々の再読。単行本も持ってるのに文庫化したのも買ってるのでわたしは相当この小説が好きなのだと思う。最初に読んだときは途中でぶん投げそうになったけど、最後まで読んだらこの小説はすばらしい、読んでよかったと思った気がする。
一言「恋愛小説」っていうより、メンヘラ恋愛小説? 今回読んだときも、やっぱり主人公の寧子の行動のおかしさがいらいらして、かなしくなって、途中で読むのを止めたりしてしまいました。結構読むのが辛いです。読みづらいんじゃなくて読むのが辛い。
でも、最後の屋上の場面で寧子が言っていることがぐさぐさと突き刺さって、ああこれはすごい話だなって再び思いなおしたのでした。

「あんたが別れたかったら別れてもいいけど、あたしはさ、あたしとは別れられないんだよね一生。(略)」

文庫の帯にも引用されてるけどこのせりふが一番好き。
わたしの読書メーターによれば本谷有希子は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」も読んでるっぽいのですがぜんぜん内容覚えてない……。こっちも再読しようかな。