never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

砂漠

砂漠 (Jノベル・コレクション)

砂漠 (Jノベル・コレクション)


高校時代に単行本を図書館で読んでいたのですが、ノベルス版が出たときに購入し、今まで積読していました。このお話には麻雀をしている場面がいっぱいあって、麻雀がわからなくても楽しめるのですが、つい先日麻雀覚えたので、これを機会に積読を崩し再読。
仙台のリア充(だよね一応?)大学生たちのお話です。砂漠に出る前のオアシスの中での話。春、夏、秋、冬、春と、主人公の北村の視点で入学から卒業までが淡々と書かれています。淡々としているけど事件に巻き込まれたり巻き込まれにいったり。
印象に残るのは、西嶋っていうキャラクター。砂漠に雪を降らせようと躍起になってる真っ正直なやつです。結局みんな西嶋に影響されていきます。楽しい。
今までに読んだ伊坂幸太郎の本の中ではこの本が一番好きです。
ところで、高校生の頃に読んだときは、大学生ってこんなに楽しいのか、と思ったけども、そううまくいくものではないらしい。と、私の大学生活も終盤になって思うのでした。