読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

東方ウィッチクラフト ―垣根の上の人―


竹岡葉月先生の本は「SH@PPLE」シリーズしか読んだことがなかったのですが、LNFのインタビューを聴いて興味が出たので「東方ウィッチクラフト」シリーズと「フラクタルチャイルド」シリーズを、古本ですが全巻をそろえてしまいました。ゆっくり崩していきたいと思います。
主人公の一子は自分が通う中学校の隣にある御堂学園という高校の滋賀くんに憧れていて、四万七千円もする双眼鏡で毎日のぞいています。ある日滋賀くんが屋上で犬と格闘しているところを発見して、そこに乱入したら、実は男なのに魔女だった滋賀くんの使い魔になってしまいました。という話。コメディです。
そんな中で一子の友達の朔実が不良の集団に拉致られるという展開があるのだけれども、一子と滋賀くんのコンビが激しく面白いので、なんというかそっちのほうがメインな感じ。がんばれ一子。
昔、コバルトだと「東京S黄尾探偵団」シリーズとかを読んでいたのですが、そんな感じのノリを思い出してなつかしくなりました。久々に字がでっかくなってるのを見た(笑)
続刊も「SH@PPLE」シリーズと同様に軽く楽しめそうです。