読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

SHI-NO ―シノ―アリスの子守歌


「SHI-NO」シリーズ2巻目です。1巻に引き続き市の図書館から借りてきました。本当なら自分でも持っておきたいところなんだけど。
2巻は志乃ちゃんと同じ学校に通う三澤鼎ちゃんが、寝ているときに見る夢の中で、学校に伝わる怪談の「惨殺アリス」から追いかけられることを思い悩み、過去に鼎ちゃんの家庭教師をしていたキララ先輩に相談し、主人公と志乃ちゃんが巻き込まれる、という感じ。1巻よりはアクション性とかミステリ性が低くなったような気がしないでもないけど十分楽しめました。
このシリーズはやっぱり、お話を読んで内容を楽しみながら、「死」とはなにか、またこの巻だと犯した罪とその責任について考える本なのかな、って思う。話の流れをぶった切って突然入っている「微笑―I know everything(*^▽^*)v―」はまさしく「死とはなにか」を知る話だし。だけど中学生くらいの時には読みたくないな! なんかとりつかれてしまいそう。
しかし、こんなに重くてダークな話の中でも志乃ちゃんがかわいらしくてアクセントになっていていいと思います。グリンピースが嫌いだったり、主人公の帰りを待つ間に眠ってたり。ギャップ萌えとはこのことですね。