読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

アラビアンローズ ルゥルゥの不運

アラビアンローズ ~ルゥルゥの不運~ (ルルル文庫)

アラビアンローズ ~ルゥルゥの不運~ (ルルル文庫)


買ったのに積んでたらいつの間にか深山くのえの別シリーズの新刊が出ていてびっくりして読み出しました。前も同じことやった気がする……。「アラビアンローズ」シリーズの2巻目です。が、1巻とはほとんどつながっておらず、世界観を同じくした新作みたいな感じ?
踊り子のルゥルゥは踊りは上手いのに体型が子どもっぽく色気がないことから踊り子団をクビになり続け、もうどこの団にも雇ってもらえそうにないことから流しの踊り子になることを決意します。一人踊りに入った店の客から追い出され、殺されかけたり、また違う仕事でも揉め事に巻き込まれ、そのたびに助けてくれたのがアーシファという男の人でした、というお話。ルゥルゥが母親の形見として身につけているサファイアの腕輪がごたごたを巻き起こします。
なんかもういつもの深山くのえでした。甘あまシンデレラストーリー。だがそれがいいのだ。ルゥルゥが素直じゃないのがもどかしい。
ところで文章がルゥルゥの一人称なんだけど、特に甘あまな場面になると文が短くなって、なんとなくケータイ小説の文章を思い出しました。一人称が「あたし」なせいかな?