never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

SH@PPLE ―しゃっぷる― 6

SH@PPLE(6)  ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)

SH@PPLE(6) ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)


最近いろいろなメディアミックスが進んでいる双子入れ替わりラブコメの6巻。先月くらいに発売されたけどやっと読みました。
胡蝶の宮の祖父・泰三が体調を崩して入院し、先が長くないと思った泰三は胡蝶の宮を好いていて家柄の良い好青年・藤ノ原剣を勝手に胡蝶の宮の婚約者にしてしまい、雪国を好きな胡蝶の宮が剣との婚約を解消するために奮闘する話。
胡蝶の宮の独擅場でした。蜜もお姉様を支えて頑張ってたし、舞姫もニセ雪国として剣と相対してたし、雪国はちょっとなんだかなぁという感じもあったけれども終盤で跳び蹴りしてぶっ壊してて、でも最後の最後で胡蝶の宮に全部持っていかれてしまった気がします。あのシーンは、胡蝶の宮がかっこよすぎるし、とても切ない。雪国もちゃんと自分の気持ちを伝えていて頑張ってたと思う。
そういえばこの巻はあまり蜜ちゃんのジャンクフード好きが出てこなくてちょっと拍子抜け。高天原りぼんちゃんの想い人探しがあったからだけれど、やっぱり蜜ちゃんは変なものをもりもり食べてないとらしくないです。でも、蜜ちゃんもだんだんと迷う自分の気持ちを整理しようとし始めていて、今後が気になるし、徐々に終盤に近づいているのだなぁと感じました。
雪国の恋は一歩先に進んだのかな? 次の巻も楽しみ。