読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

2009年上半期ラノサイ杯に投票します

雑記

思えばこのブログを作ったのは2008年下半期ラノサイ杯に投票するためでした。半年も続けられたことにびっくりです。そして、いつの間にか100日分も記事を書いていたことにびっくりです。
そんなわけで2009年上半期ライトノベルサイト杯に投票します。シリーズで2作以上刊行されているものはシリーズ名で、それ以外はタイトルで書いています。

耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳 (ファミ通文庫)耳刈ネルリと奪われた七人の花婿 (ファミ通文庫)
1巻が出たときは賛否両論あったけど私は大好きです。特に『耳刈ネルリと奪われた七人の花婿』の作中劇は素晴らしかった。鳥肌たった。それに超青春してた。そしてネルリがとてもかわいい。
感想はこちらこちら

  • 夕鷺かのう『ヤンキー巫女逢桜伝』

ヤンキー巫女逢桜伝 (B’s‐LOG文庫)
少女向けって、いい子の女の子が王子様みたいな男の子に出会う話ばっかりみたいなイメージがあってあまり読まなかったけれど、これはタイトルのインパクトが強すぎて、読んだら元ヤン金髪釘バット巫女だった。最高すぎる。
感想はこちら

  • 張間ミカ『楽園まで』

楽園まで (トクマ・ノベルズEdge)
17歳が書いたとは思えないくらい良質なファンタジーでした。続刊出してほしいけど作者さんは受験前でかけないんだろうな……。
感想はこちら

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
読んでるときとてもわくわくして、読むこと自体がすっごい面白かったことを覚えてます。久々の感覚でした。あと倫理コード解除。
感想はこちら

  • 貴島吉志『イスノキオーバーロード』

イスノキオーバーロード (一迅社文庫)
緻密に作られた世界観が隠れていそうなファンタジー。もっとその世界観を知りたいし味わいたいです。続刊出てほしいなぁ。あとメイドさんと、ヴァーッ!!
感想はこちら

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
『とある飛空士への追憶』と世界観を同じくした新作。空中に島が浮かんでるというだけでもかなりわくわくする。主人公のカルエルが既存のラノベにあまりないようなヘタレマザコン王子様で、それも楽しい。ところで空戦はまだですか?
感想はこちら

猫耳父さん (電撃文庫)
松原真琴の新作が電撃文庫で出るとは思わなかった。しかし松原真琴の味はそのままだった! ほんわりあったかい家族もの。
感想はこちら

SH@PPLE―しゃっぷる―(5) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE(6)  ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)
徐々に終盤に近づいていることがわかって、最新刊は大いに盛り上がっていました。胡蝶の宮や蜜の恋愛模様が、読んでいて非常に苦しくせつない。
感想はこちらこちら

“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)
“文学少女”が遠子先輩ではなく、見習いの菜乃ちゃんになったことで、これまでの「“文学少女”」シリーズよりずっと親近感を持って読むことが出来るようになったと思います。そんな意味で一票。
感想はこちら

ラノベ部〈2〉 (MF文庫J)
私はラノベが好きだ! だから「ラノベ部」も好きだ!
感想はこちら


以上10作品を投票します。以下は投票コードです。
【09上期ラノベ投票/新規/9784757749320】
【09上期ラノベ投票/新規/9784757749436】
【09上期ラノベ投票/新規/9784198508142】
【09上期ラノベ投票/新規/9784048677608】
【09上期ラノベ投票/新規/9784758040747】
【09上期ラノベ投票/新規/9784094511215】
【09上期ラノベ投票/新規/9784048678476】
【09上期ラノベ投票/既存/9784829134160】
【09上期ラノベ投票/既存/9784757748293】
【09上期ラノベ投票/既存/9784840126373】