never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

アイゼンフリューゲル

アイゼンフリューゲル (ガガガ文庫)

アイゼンフリューゲル (ガガガ文庫)


最初は読む気はなかったのだけど、誰かの感想かついったーのpostを見て、空を飛ぶ話と知り手に取りました。龍が空を飛んで速さを競う世界で、音速を超える速さの飛行機を作ろうとする人たちと、そのテストパイロットをする主人公の話。
これは燃える!! 龍がひゅんひゅん空を飛んでる世界というのも素晴らしいし、カールが虹龍と勝負するところは非常にすがすがしい。というか全体的に空飛んでるシーンはすがすがしくわくわくしました。
地を歩くより空を飛んでるほうが人生に合っているカールですが、忍び寄る戦争の気配と軍にいた過去がカールを地面に縫いつけてしまっているような気がしました。そのせいかあまりカールを好きになれません。でも、いろんなしがらみを断ち切って虹龍飛んだときのように空を飛んでほしいので今後に期待します。
というわけで続刊が楽しみです。