読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

桜嵐恋絵巻 火の行方

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)


深山くのえの平安ラブストーリーも3巻目。例のごとく超甘々。
詞子と雅遠はすでに超ラブラブですが、世間から仲を認められるにはまだまだ時間がかかるようで、そのために尽力する雅遠の姿が非常に印象的です。これまでは詞子の呪いがメインになっていたので詞子が主人公と考えていましたが、この巻では雅遠の行動で話が進んでいくので、雅遠が主人公に変わったような気がします。詞子があまりにもおとなしいから、なんか主人公という感じがしない。まぁ、二人とも主人公なんでしょうけれども。
吉親が失脚するところは省略しないで描写して欲しかったなぁ。でもそこを書いてしまうとさらに雅遠メインの話になってしまうから、バランスをとっているのかしら。
登場人物や役職名がずいぶん増えて話を追っていくのがちょっと大変になってきましたが、そのぶん雅遠の動きが見えて面白いです。登花殿の女御と詞子のつながりも出来て、今後が楽しみ。
ところで、最後の利雅はなんなの? ツンデレなの?