never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

群青の空を越えて Gefrorenes Ideal

群青の空を越えて -Gefrorenes Ideal-

群青の空を越えて -Gefrorenes Ideal-


ゲームやったのでノベライズも読んでみたよ。えろげーのノベライズですがエロはありません。
ノベライズというか、本編はゲームの前日譚で、この本のプロローグとエピローグがゲームのグランドエンドを補完しているものでした。なのでこの本でゲームで語られているおはなしが本当に完結したような感じがして、ゲームやっただけでこれを読んでいないのはかなりもったいない気がする。
語られる結末は知っていたけれど、あらためて詳細に書かれているものを読んだら「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ><」という気分になりました。諒と美樹のすれ違いが悲しすぎるし、兄と美樹が一緒に家に来ることを期待していた加奈子ちゃんもめちゃくちゃ可哀想。
しかし本当に面白かったです。ゲームやってない人には読んでもさっぱりわからない気がするので、よくこんな本出したもんだなぁとも思う。
ところで、読点で改行していたりするのでやたら読みにくかった。シナリオっぽく書いてあるせいだと思うけど、2段組になっているのでさらに読みにくくなってた気がする。ゲームのノベライズってほとんど読んだことがないけれど、こういう書き方なら1段組とか横書きのほうがいいと思う。