読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

狭き門

狭き門 (新潮文庫)

狭き門 (新潮文庫)


“文学少女”シリーズを読んでから読もうと思っていて買ったのに、途中まで読んで積んでいました。積読消化月間にしようと思っているのでやっと消化。
アリサに感情移入できなかったので、途中からアリサにイライラしてしまってだめだった。私がそう思うのは、宗教的な背景がアリサと同じでないからだと思う。
アリサの日記が終わったあとの、10年後のジュリエットとの邂逅の場面が好きでした。アリサの考えを忘れないジェロームの意識が描かれていて、そこに一番引き込まれました。