never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

H+P 1 ―ひめぱら―

H+P(1)  ―ひめぱら― (富士見ファンタジア文庫)

H+P(1) ―ひめぱら― (富士見ファンタジア文庫)


女子には勧められないラノベときいて(ガラッ みたいな感じで買ったのにこれまた積んでた。
主人公の恭太郎が王仕としてトレクワーズ王国に召還され、5人の王女たちを相手に世継ぎを作ることを強要されちゃう話。ハーレムエロコメではありますが一応ファンタジーです。舞台は女性しか魔法の使えない世界のトレクワーズ王国という国で、女王の魔力が作る≪大結界≫が他国からの侵略を防いでいます。しかし女王は病気に冒され≪大結界≫も危うくなってきたので、王位を娘たちにゆずろうとするも、王になるには母親でなければならないために、主人公が召還されるということになっています。そして、国は女王の病状を知る敵国からねらわれています。
馬鹿馬鹿しいと言ってしまえばそれまでだけど、なにも考えずに楽しめました。嫌いじゃないよ。アルトがちょっと可哀想だけど、ピコルとかアレスタとか王女以外のキャラクターも楽しく書かれていて嫌いなキャラがいませんでした。ヒロインたちがあざといのはしょうがないし(笑)
最後でわかる恭太郎の力は最初から想像できたのがちょっと残念だったかもしれない。
続き読もうかなーどうしよっかなー。ジャンクフードみたいな感じで楽しめるからわりと好きなんだよね。