読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

白夢 放課後の霧使い

白夢  放課後の霧使い (富士見ファンタジア文庫)

白夢 放課後の霧使い (富士見ファンタジア文庫)


もらって積んでた本。2巻が出た頃にやっと読了。瀬尾つかさ先生の本は「クジラのソラ」シリーズ以来です。
両親が亡くなったために親戚が経営している全寮制の学校に転校することになった主人公が、引っ越しの日に迎えに来てくれた雪姫たちと一緒に≪はぐれ≫という化け物に出会い、それを退治する能力に目覚め、霧使いになる話。
主人公の一人称で話が進むのですが、すっごいふわふわしてるように感じました。主人公自身4年前より過去の記憶がないというなんだかふわふわしたキャラクターなのですが、そのキャラクター性を強調するような文体でちょっと変な感じ。そして改行がやたらと多いのですぱぱぱぱーっと読めました。
どうも主人公があまり好きじゃなかったのですが、まわりのキャラクターはにぎやかで楽しそうに思いました。みんなで≪はぐれ≫を退治してるあたりはとても面白かった。
微妙なところで切れてるので2巻も読みたくなりますが、主人公が好きになれないんだよな……。どうしようかなぁという感じです。