読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

桜嵐恋絵巻 ひととせめぐり

桜嵐恋絵巻 ~ひととせめぐり~ (ルルル文庫)

桜嵐恋絵巻 ~ひととせめぐり~ (ルルル文庫)


いつのまにか5巻め。意外に巻数出てるんだな……。前の巻を読んでから最新刊が待ち遠しかったシリーズです。
この巻の始まりは特に大きな出来事もなく、とりあえず左大臣派と右大臣派の対立が激しくなりつつあるところから始まります。帝が譲位を促されていたり、登花殿の女御の懐妊と、雅遠にかかるいろいろな圧力がある中でも、雅遠が出世して桜姫を守ろうとしている姿が頼もしいです。思いもよらず雅遠の姉である麗景殿の女御が力になってくれそうなのと、妹の奏子の問題と、雅遠の兄弟の話が読めたのもよかったです。
詞子のほうは、やっと!!って感じでした。妹との因縁からも気持ち的には開放されてよかったね。それであの展開になったわけなので、本当によかったよかった。しかしなんだかんだで妹の艶子は姉の事を心配しているのだなあと思ったり。
しかしいいことばかり続かないわけで。梅壷の女御のことも気になるし奏子のことも気になるし。
次の巻がとても楽しみです。