読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

“文学少女”と恋する挿話集3

“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)

“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)


文学少女シリーズだからと惰性で買ってずっと積んでたけど読み始めたら一気でした。
牛魔王の話とかギャグかよーって思ってたら全然そんなこと無くて、最初から大変切なかった。締め付けられるようでした。
夕歌の話もよかったです。蝶々夫人を好きなように歌っているシーンとか、すごく楽しそうな二人の世界が素敵過ぎる。
今回は書き下ろしが特によかったです。大人になった千愛の話も良かったし。なんというか、遠子先輩が出てくる話は日の光の当たる世界の話で明るい綺麗さなんだけど、遠子先輩の出てこない番外編はダークな面がたくさん見れて、それもまたこのシリーズの魅力なのかもなーと思いました。