never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

とある飛空士への恋歌 5

とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)


シリーズついに完結。非常に素晴らしい内容でした。読み終わってからまたすぐ読み返してしまうくらいに。
クレアはどうなっちゃうのかなーと思ってたら空賊との交渉は早めに決着がついてしまって、そこで終わらなかった。そういえばこの話はカルエルとクレアとアリエルの話なだけじゃなくて空の果ての謎を解きに出発したんだといまさら思い出した。その冒険小説的な面もしっかり描かれていて、飛空士シリーズの世界の謎も解明されてしまった。なんかすごい壮大な話だったんだなあ。
この1冊で数年が経過してしまうので、カルエルはもちろんのこと飛空科の生き残ったみんなが成長していってて感慨深かった。最期まで読んでから口絵見ると泣きそうになっちゃう。
とても面白かったです。ほんと素晴らしかった。
この世界観の新たなシリーズは出るのかなー。出てほしいなー。もし新たにシリーズが出ても追憶→恋歌みたいにカルエルたちが主人公ではなくなると思うとちょっと寂しい。