読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

桜嵐恋絵巻 水底の願い

桜嵐恋絵巻〜水底の願い〜 (ルルル文庫)

桜嵐恋絵巻〜水底の願い〜 (ルルル文庫)


本編の最終巻が出てしまったので慌てて読んだ。最終巻のあとがきだけ読んだら短編集も出るっぽい。
終わりに向けていろいろとたたみかけてくる巻だったと思う。登花殿の女御と梅壷の女御に生まれる子どもの性別なんて大方予想が付いていたけどやっぱりこうなると嬉しい。いままで不遇だったのがすっきり。
雅遠と利雅の関係がなかなか面白い。利雅はそういう考え方だから雅遠に難癖つけてきてたのかーとちょっと納得した。それに雅遠と左大臣の関係もよし。左大臣家がちょっと修復してきた感じですね。
この感で一番好きなシーンは女五の宮と奏子が詞子に出会うところです。詞子の性格の良さがそのまま五の宮に伝わって本当によかったなと思う。
相変わらず甘いけどこの巻は二人の空間に入ってくる人物が多くてそれほど思わなかった。艶子も今までとは違った生き方ができそうで何より。
とても面白かったので次の巻が手元にあるけど次の巻を読むのが惜しい。