読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

それは恋ね

漫画

それは恋ね (ディアプラス・コミックス)

それは恋ね (ディアプラス・コミックス)


BL漫画なんだけどとても思い入れがあるので書く。
BLとか801なものは大学入った前後くらいのだいぶ前に卒業したんですが、それでも一之瀬綾子先生のコミックスだけはずっと集めてました。絵がきれいで、一ノ瀬先生の漫画を初めて読んだ時のことも覚えています。最初は高校生の時に読んだテニプリの同人漫画でした。
このコミックスの登場人物はこれより以前に刊行されている「姫式家族計画」「俺式恋愛計画」で出てきた成と敦之です。姫式と俺式で二人の関係はうまくいかなかったとわかっているのだけれども、そのすれ違いがもどかしくうまくいく方法はなかったのかななんて思ってしまう。中学生の成がとても可愛くて純真で、こんな成には好きな人といい恋愛してほしいと思うのも仕方ない。
すれ違ってからは敦之が迷走していて、というか話自体ちょっと迷走しているような気がして、あまり好きな感じではなかった。でもここで未完で終わってしまっているというのが残念でなりません。
「俺式恋愛計画」を読んだとき、これはBLでしか表現できない話だ読んでてよかったと心底思って、もうずっとついて行こうと思ってたのに、その次に出たこれが最後のコミックスだなんて悲しすぎる。もっと一ノ瀬先生のBL読みたかった。
一ノ瀬綾子先生のご冥福を心からお祈りいたします。