読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

グリザイアの果実

グリザイアの果実

グリザイアの果実


随分前にコンプして感想も途中のままだったけど、ファンディスク制作の予定があると知ったので書いてみる。4月ぐらいからちまちまとやってて、恋ではなく買ったときに中断して、そっちが終わってからまた始めて6月下旬に全ルート終了しました。すごい長かった気がする。ってこうやって書いてみると本当に随分前だな……。
天音→蒔菜→みちる→幸→由美子っていう順番で攻略しました。久々にこういう女の子を攻略するタイプのゲームやったのでなんか新鮮だった。あ、グランドルートみたいなのがないという意味でも。グランドルートみたいなのあって欲しかったなーと思う。
天音ルートは、個別に入ったらせっくすせっくすな感じでびっくりした。えっなにこのただれた……みたいな。でも過去編に入ったら一転、非常に辛い話で、面白いんだけどプレイしてる私もストレスが多かった。一姫はなかなかのキャラなのでぜひ続編が欲しいと思ってた。
蒔菜ルートはちょっと後味が悪かった。結局逃げる感じでなんていうか解決になってない気がした。そしてバッドエンドがぐろい。蒔菜はアホの子だけどとても可愛いと思う。あんまりにも下品すぎるけど。なんだかんだでたぶんこのゲームのヒロインの中で一番好きなキャラです。
みちる。他の子たちと違ってなんていうか内面的な。蒔菜がアホならみちるは馬鹿だと思ってたけど馬鹿なりに悩んでたのがわかってそれが意外だった。馬鹿な私は死んでしまいたいって思う気持ちがよくわかりすぎてなんというか一番共感?したのはみちるでした。
幸はエキセントリックでした。トラウマなのはわかるけど、学校ぶっ壊すまでいかないとそれをするより大切な事がわからないっていうのがなんか変だし。キャラクターが好きでないせいかあまりこのルートも好きではなかったかも。
由美子ルートは蒔菜ルートに似てるなと思った。でも蒔菜ルートと違って救いのあるルートでした。ご都合主義な感じもしたけどこのくらいのハッピーエンドが好きです。由美子のお父さんとのことも解決してるし。
主人公かっこよすぎるのですよ。なにかしら問題のあるヒロインたちをそこから救い出してて。それがこの作品のテーマなんだと思いますが。だからこそ1ルート1人ずつじゃなくてみんなを救うグランドルートみたいなのがあったらよかったのにと思います。明かされてない所も多いしファンディスク期待。あとJBと主人公とか一姫と主人公の関係も大変気になるのでファンディスクにはルートあるといいなー。