never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

東雲侑子は短編小説をあいしている

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)


2011年のまとめ記事とかついったーのTLとかでよく名前を見るので読んでみたんですよ。ぐずぐずしてたらAmazon品切れになっちゃったし、書店にもなかなか置いてなくて結構探しました。
で、読んだらしんだ。死因は青春成分の取り過ぎです。青春っていうほど爽やかでも華やかでもなく静かな物語なんだけど、青い春なんですよほんと読後のダメージでかすぎてしにたくなってくる。
主人公の三並英太は図書委員。同じく図書委員で一緒に当番をしている東雲侑子と会話をするようになり、図書委員の仕事をしているうちに東雲侑子の秘密を知ることになることから始まるラブストーリー。読んでる間は同じ作者の「三月七日。」シリーズを彷彿とさせる静けさと主人公の内に秘めたもやもやとを感じました。いいなあいいなあこんな高校時代送りたかった。そんな感じでしにたくなります。
とてもよかったので何度も読み返したい。続きも買ってきたけどなんか読むのもったいなくてとりあえずこっちの再読を楽しんでからつづきを読むことにします。