読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 02

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 〈02〉 (電撃文庫)

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 〈02〉 (電撃文庫)


ずっと待っていました。大学時代いつか続きが出るだろうと思って1巻を実家に送りつけなかったのに、結局これが出たのは大学卒業して実家に戻った1年9ヶ月後であった。
剣術の才能を開眼した月華と虐げられその日暮らしを続ける涼孤を取り巻く武侠小説風群像劇2巻。周りにはちゃんばら遊びにしか見えなかった月華の剣術が、背守との対峙から人と戦うことに目覚めて、数カ月後には辻比武と呼ばれる力比べで47連勝するまでになっていて、ちょっとすごく書き過ぎじゃなかろうかと思わざるをえない。でもこの巻の最後に書かれる月華の絶望があまりにも対照的過ぎて辛い。涼孤は月華と話はするし買い物にも付き合わされるけれど、金持ちがなんで自分なんかにかまうのかとしか思ってなくて、月華は剣で相対したいと思っていてもそれすら叶わないのがかなしい。
あとは大比武に挑もうとしていた蓮空の落ちぶれ方にもかなしくなった。涼孤のように日々生きるか死ぬかの生活をしていない人が真剣試合に立ち向かおうとするとそうなってしまうのかと。
ところで1巻ですられた月華の財布が伏線となって生きててびっくりした。読み返しておいてよかったです。
絶望の2巻だったけどすごい面白かったです。果たして3巻が出るのは何年後なのだろうか。