読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

魔法科高校の劣等生1

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)


読んだのは1週間くらい前ですが。そして買ったのは1年くらい前でした。1年も積んでたけど新刊発売をきっかけに読みました。
魔法の技術として存在する日本で、魔法師を養成する高校の、優等生クラスの一科に入学した妹の深雪と一科の補欠としての二科に入学した兄達也がその能力から生徒会や風紀委員とか変わるようになる話。サブタイトルにあるとおり入学編です。
なんというかいつもなら1巻で一応の完結を見せるラノベばかり読んでいたので導入長いなーと思って読んでいました。WEB小説の書籍化ですし導入や設定説明が長いのも仕方ないのかもしれません。でもその設定や世界観がなかなかに面白くとても引きこまれました。あと、読点と改行が多めの文体なので速いスピードで読めるというのもあるかも。最初はその文体に慣れないと感じましたが、今現在2巻まで読んでいるのですがわりとどうでも良くなりました。
タイトルに劣等生とあるわりに全然劣等生じゃないじゃんね。とても強いです。服部をやっつけたあたりはすうっとします。
1巻読んで2巻も早く読まなきゃという気持ちになり一気に読んでしまいました。明日にでも2巻の感想書こうと思います。