読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

風の海 迷宮の岸

風の海 迷宮の岸  十二国記 (新潮文庫)

風の海 迷宮の岸 十二国記 (新潮文庫)


およそ10年ぶりに読みました。十二国記シリーズは私が中学3年の頃にアニメやってて、友達から原作借りて読んではまって、自分でもお年玉で全巻揃えたというなかなかに思い入れのあるシリーズです。その頃キノとかアリソンも読んだと記憶しているのでライトノベルを本格的に読み始めた頃ですね。
今年になって新潮文庫から新装版が出て、とりあえず出たのは買って積んでたんですが、どうしても1作目の『魔性の子』から読む気になれず。この『風の海 迷宮の岸』が刊行されて、やっとぱらぱらめくる気力が出て、好きな後半を読んでたんですが、そしたら最初から最後まで読まずにいられませんでした。十二国記の中で一番読み返した好きな本がこの本だと思います。
まず泰麒が可愛いんですよ。10歳の、気の弱い男の子。私と私の妹達3人して泰麒の可愛さにころりとやられて腐女子真っ逆さまでした。そんなか弱い泰麒が饕餮を折伏しようとするところの緊迫感とか、驍宗のために転変して飛んでいく必死さとか、今読み返してもすごく面白くて何度でも読んでしまいます。あと最後の延王延麒景麒と勢揃している場面もいいですね。
久しぶりに十二国記の物語に触れてもっと読みたいという気持ちが増したので、既刊の新装版も早いこと読もうと思います。