読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

異世界因果のトラベローグ1

小説
異世界因果のトラベローグ 1 (オーバーラップ文庫)

異世界因果のトラベローグ 1 (オーバーラップ文庫)

 

 これ読む前にもいろいろ読んでたんだけどとりあえずこれから感想を書く。

作者の姫ノ木あくさんはわりと正統派萌系エロゲのシナリオライターさんという認識でいいのでしょうか。カミカゼ☆エクスプローラー!だけはやったことあります。

修学旅行出発直前のクラスにどう見てもエルフにしか見えないおっぱい大きい女の子が転校してきて自分の班に入り修学旅行で班行動を共にすることになる話。
ビバ! おっぱい! い、いや、ちゃうねん。世界はラブアンドピースやねん。

世界はラブアンドピースとはいえ異世界からエルフが来てなにやら探さなければならないし奈良公園の鹿に紛れた異界の動物に襲われそうになったり事件は起こるわけです。でも敵もそんなに悪い人もといエルフじゃなさそうだし、ファンタジーというよりはラブコメ要素のほうが強い。

主人公は弘武だけどラブ要素的には羽澄の内面が中心になっているので弘武と羽澄の2人主人公にも思えました。私は羽澄応援しますよ。がんばれ幼なじみ!

ところで結構シモネタきっついですね。私は普通に面白かったけど生体××とかそういうネタ仕込んでしまうあたりさすが本業は18禁なゲームのシナリオライターさんのラノベなのかなーと。今まで読んできたオーバーラップ文庫は、お色気シーンなどあるとはいえ、わりと低年齢向けな気がしてたので、この本では直接的にそういう単語出てきたのにはびっくりした。あと瑛那のお守りの中身とかな!

おもいっきり次巻に続くだし、その続き方がファンタジー展開なのでなんとなく方向性がよくわからない気もします。ファンタジーで、ラブコメで、両立するとは思うけど、この1巻のようにおっぱいおっぱいのままファンタジーな2巻なのかしら。