読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

青と黒の境界線

青と黒の境界線 (電撃文庫)

青と黒の境界線 (電撃文庫)

 

 表紙とあらすじの世界設定から買ってみたんだけど微妙だった。まず世界観に対して中身がすかすかというのが第一印象。この本で話は一応の結着をみているけれど、なんていうかたくさん作った設定と登場人物を生かしきれずに終わってる感じがするのと、キャラクターの行動の理由が弱い気がする。アスールの旅の理由が最後に唐突に出てきたけれど、えー……って感じだった。またリュネットとソティラスはわざわざ口絵にプロフィールが載っているけどプロフィール載せるほどのキャラだろうか……。登場しても主人公たちをわずかに助けて終わりだし、今後重要になるキャラクターなの? 続きを作っている前提だからなの?? と疑問符ばかりが浮かんでいた。

これで出てきた伏線をきっちり回収して決まりよく話が終わっていればもうちょっと読後の満足度高かったのになとも思う。