読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

僕と彼女とカノジョとかのじょ1

小説
僕と彼女とカノジョとかのじょ 1 (オーバーラップ文庫)

僕と彼女とカノジョとかのじょ 1 (オーバーラップ文庫)

 

 ここ最近オーバーラップが続くな。今回は新刊出てすぐ読んだ。買った理由は表紙の強気そうな黒髪女子とタイトルロゴの勢いある感じがなんとなく好きだったからかな。そういえば田尾先生の小説を読むのはギャルゲヱ以来です。ギャルゲヱの話はだいぶ忘れてしまったけどなんとなく雰囲気似てる気がした。

主人公・社の幼馴染の小野黒恵が池に落ちたら池から女神が現れてあなたが落としたのは金の小野ですか銀の小野ですか正直なあなたには3人ともあげましょうと黒恵が黒恵と金恵と銀花の3人に分裂してしまったラブコメディ。作者さんもあとがきで書いてるけど出オチ感はんぱないですが面白かった。

ネタバレ無しで感想書くの難しいな。

黒恵の魂は3分割されてしまったから誰かを選べば誰かの存在が薄くなるという事態になってしまうわけですが、4人で仲良く遊びに行ったりデートしたりと金恵や銀花と関わってしまった以上、誰か一人を選ぶということは出来ない社が、ああやって決めたうえで、それまで全く素直になれなかった黒恵が言うのあのセリフはとてもじーんと来ます。3人の中だとやっぱり黒恵が好きだな。勝ち目のある幼馴染であって欲しい。

黒恵が社を奴隷のように扱っていたことには理由があるようですが、この巻では詳しく解明されていないので、続刊も気になりますね。

ところで、読んでいてブラジャーの試着は直接素肌に身につけてするのが常識だろとツッコミ入れてしまった。下着の試着シーンなんて美味しいのに残念だぞ! 精進せよ!