読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

魔法少女育成計画 restart(前)(後)

魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)

魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)

 
魔法少女育成計画 restart (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)

魔法少女育成計画 restart (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)

 

 4ヶ月ほど前に魔法少女育成計画の1巻を読んで、すごく面白いと思ってすぐ続き買ったんだけど、結局今まで読まずに寝かせておいてしまった。でもこのrestartもとても面白くて夢中になって読みました。でもどちらかといえば1巻のほうが面白さというか緊迫感があったような気がする。あと少女と少女の結びつきも。1巻読んだ時は百合作品にカテゴライズされるのかと思ったけれど、このrestartを読むと少女たちのバトルロイヤルな話であって百合ではないように感じた。ゲーム性がプラスされて百合っぽさが薄くなっているような。

新規魔法少女ばかりの話かとおもいきや前作のクラムベリーが大いに関係しているし、ゲームマスターとの交渉にはスノーホワイトが出てきてた。スノーホワイト強くなりすぎだ。リップルはどうしてんだろう。

しかし16人も魔法少女がいて、退場してゆく順番はあれどもみんながみんな印象深いのですごいなと思う。アカネがちょっと残念といえば残念だけど、でも最初に強烈な印象を残しているし、早めに退場するキャラにもかなり個性を出させてると思った。restartの中だとペチカとラズリーヌがわりと好きです。プフレ×シャドウゲールは鉄板だけどこの二人は現実でも主従で関係性が楽しめますよね。

魔王が誰かというのは全然わからなくて途中まですっかり騙されていたけれど、何故か死んでたみたいなあたりであれれこれはと思いました。

うん、なかなかに楽しめました。次の巻は短編集みたいなので、これまでよりは気楽に読めるのでしょう。