never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

ぽにきゃんBOOKSって大丈夫なのかなぁ

不穏なタイトルですみません。読んだラノベの書籍としての出来があまりにも悪かったので(作家さんやイラストレーターさんが悪いわけじゃないです!!)。

これを読んだんですけど……。

resire ~繰りかえされる願い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

resire ~繰りかえされる願い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

 

 まず、口絵が6ページ分(見開きで3ページ)ストーリー中の一場面を切り出したイラストなのに添える文章が全くないからなんか変。そもそも口絵の最初のページにタイトルも作家名も書いてない。これは仕様なんでしょうか。

致命的なのが、本文中に挿絵が前後入れ替わっている所が2つもある。つまり計4ヶ所挿絵と本文が合ってない。

こういうことってよくあるんでしょうか。内容は面白かったんですけど、がっかりしました。オーバーラップ文庫の『浮遊学園のアリス&シャーリー』がわりと好きだったので、同じ作家さんで新規創刊レーベルということで買ってみたんですけど、編集部の人たち時間なかったのか、それともラノベをよく知らない人が作ってるのか。

こういう作家さんやイラストレーターさんを貶める本作りしてほしくないですね。読んでいてもその致命的なミスが頭をよぎって作品を純粋に楽しめないし、面白い面白くないの正当な判断ができない。ナンバリングしてあるけど続き出ても買わなくていいかなって思ってしまう。正直確かにイラストはあんまりうまくないなって思ったけど、でもイラストの順番が入れ替わってるせいで文とイラストが合ってなくて、入れ替わりに気づいてなかった冒頭ではこのイラストレーター本文ちゃんと読んでるのかなと思ってしまったりして、よくない。

ぽにきゃんBOOKSの創刊ラインナップで元からラノベ作家さんの作品ってこの本くらいだと思うんだけどそれで創刊からこれはどうなのよって思いました。ぽにきゃんBOOKSの他の作品を読んでないから大きい声で言えるわけじゃないんですが……。