読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

よろず屋退魔士の返済計画1

小説

よろず屋退魔士の返済計画 1 100億の契約書 (オーバーラップ文庫)

よろず屋退魔士の返済計画 1 100億の契約書 (オーバーラップ文庫)


最近退職やら引越やらなんやらで忙しかったので久しぶりにまともに本読んだ気がする。
退魔の名門の「神堂家」とそれに相対する「追儺家」の間に生まれた主人公の狗朗が、預けられていた神堂家を破門され、路頭に迷いそうになったところに、かつての家主のみぎりが現れ狗朗が魂魄契約書で支配されていることと100億円の借金があることを告げられ借金返済のために試写専門の何でも屋をやることになる話。
前半は導入編で、後半の神堂家の話が本編っぽいですね。
なにが可愛いってみぎりが可愛いです。普段は狗朗を尻に敷いて引っ張ってるのに、狗朗が実は結構出来る人でみぎりを支えたりした時のみぎりの反応がとても可愛いです。しかしぺったんことロリババアにも囲まれてしまってみぎりがいつも爆発してそうだ。
魂魄契約書の件が最初に設定としてあるだけであんまり生きてなかったような気もするので、狗朗ばっかり活躍するんじゃなくてみぎりもその契約を上手く使って活躍してほしい。あと意外と狗朗の報酬が大きいので100億とか簡単に返済されそうだななんて余計な心配をしている。
今後は神堂家と追儺家の話も読みたいですね。あと狗朗いいやつだし友好的な男キャラが出てきてもいいと思うよ!