never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

あまいゆびさき

あまいゆびさき (Yuri‐Hime Novel)

あまいゆびさき (Yuri‐Hime Novel)


百合姫ノベルから宮木あや子の作品が出たと聞いてとても読みたかったのだけど置いてる書店が見つからなくて結局ネットで買った(百合姫ノベルって買ったことなかったから手にとって見てみたかった)。
内容は小学校入学前に団地の公園で出会った真淳と照乃が、家庭環境の変化などで数年間離れ離れになったものの高校が同じ学校になり再会する話。
話は面白かったんだけど、あまりにも都合が良すぎるところが多くてちょっと素直にこれはよかったと認められない。真淳や照乃の周りにそれぞれ奥井やユリカのようなセクシャルマイノリティの人がいたりするのはなんとか許せる都合の良さなんだけど、照乃の母が再婚して照乃がお嬢様学校に通うことになったとか、奥井の学校の友達に照乃の友達がいるとか、高校時代以降はなんでこんなに二人に都合いいのと思ってしまう。幼少期に離れ離れになって中学時代にほんの一瞬再会して、それでもまだ繋がらなくて、ともうちょっと運命に翻弄されて欲しかった。照乃ももうちょっと堕落してて欲しかったですね。宮木あや子ならそのくらいすると思ってたけどレーベルのせいかな。百合って処女性大事なのかな。
中学高校の女の子社会の描写はなかなかにめんどくさくていいですね。真淳が彼氏ができたことにしてわざと高校でハブられるというのが、照乃となんとしても繋がりたいというのが見えてよかったです。
うーんこれまでに一般文芸で読んだ宮木あや子作品とは違ってだいぶ丸く感じました。