読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

『最果ての東 1st end』のサイン本が当たったよ!

小説

f:id:Akoya:20140227205125j:plain
昨年末に十文字青先生のTwitterでサイン本プレゼント企画が実施されていて、読んでいなかった「最果ての東」に応募したら当たってしまいました!
十文字先生ありがとうございます! 大切にします! 予想外のバレンタインプレゼントでした!
「最果ての東」は、普通の人間と吸血種という人の血を吸う人々がいる世界で、人が吸血種を倒すために結成された人類再生教団の、第七十六使徒先遣隊の第四教僕隊として”最果ての東”と呼ばれる地に赴任したリアンという少年が主人公の対吸血種ファンタジー作品です。リアンは盛り場の一部を取り仕切っている印度蜥蜴というチームに人質に取られ、第四教僕隊と印度蜥蜴をつなぐ役割をはたすことになり、そこに吸血種が取り仕切る別のチームが絡んでくる……という話。
リアンはわりとひょうきんな感じの性格で好みの主人公でした。十文字先生の作品らしく個性的な登場人物がたくさん出てきてとても面白かったです。1巻読んだら2巻もすぐ読みたくなる終わり方でした。2巻も絶対すぐ買うよ!
THORES柴本さんのイラストが独特の雰囲気を醸し出していて、あらすじを読んでも世界設定が複雑そうで、なんとなく手に取りづらい作品のように思うのですが、読んでみるととても引き込まれます。おすすめです!