読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

灰と幻想のグリムガル3

小説

サイリン鉱山でデッドスポットというコボルトを倒し、自信をつけてきたハルヒロとパーティの仲間たちが、報奨金目当てにオーク達の居座るデッドヘッド監視砦の奪還という大規模戦闘にレンジたちや後輩たちのパーティと参加することになる話。
この小説は本当にハルヒロの等身大さが魅力ですね。デッドスポットを倒した時に見えた線がまた見えないかと思っていることをランタに悟られて動揺したり、相変わらずうざいランタにイライラしたり、地の文がハルヒロの気持ちそのままなので共感したり物語に入り込みやすいです。ハルヒロがパーティの仲間たちを大切にしていて、兵団指令を受けるかどうかをみんなで相談して、自分だけでも情報収集をしているところは、パーティのリーダーとして頑張ろうとしているのが見えて好ましいです。
後輩パーティにチョコという女の子が、ハルヒロのなくしてしまったグリムガルに来る前の記憶を掘り起こします。そのチョコたちも大規模戦闘に参加し、ハルヒロたちはそのパーティに先輩らしいところを見せられ、ずいぶんと成長していることが見えました。
後半の戦闘シーンが続く場面は息をつかせないような面白さでした。レンジも全能じゃなくて、ハルヒロたちがいなくてはなんともならなかったし、モグゾーの活躍が目立ってました。パーティ全員がガンガンいこうぜしててすごかった。でもチョコたちはああなっちゃうし最後の最後でとんでもないことが起こるし次の巻早く出ろ!!という感じです。そしてハルヒロに一瞬戻ってきた記憶はなんなのでしょうか。とても気になります。