never cry

本とかゲームの感想だったり雑記だったり

天久鷹央の推理カルテ

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫)

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫)

読書メーターの献本に当選していただきました。新潮社nexの作品を読むのは初めてでした。
総合病院の統括診断部に配属された主人公の小鳥遊が、上司である鷹央の謎解きに振り回されることになる話。最近流行りのミステリ風エピソードが数編組み合わさり最後の謎につながる作品ですが、大変面白かったです。医療ミステリというと難しそうな印象がありますが、ライトノベル風のキャラクター付がされていて取っ付き易く、作者さんが現役の医師であるだけに医療についても詳しくも大変わかりやすく描写されていたと思います。
最初の河童の話は医療とあまり関係ないじゃんなんて思ったんだけど、鷹央と小鳥のキャラクターを理解するのにはちょうどよかったし、その後の人魂の話や胎児の話は病院の中で起こった話なので違和感なく読めました。やはり一番面白かったのは最後の医療ミスだと訴えられる話ですね。
鷹央と小鳥のコンビはとても良いと思います。鷹央は天才だけど運動神経皆無だったりお姉さんが苦手だったり、人間味のある天才キャラで、親しみやすい。小鳥はそんな鷹央にいいように使われているわけですがちゃんと鷹央を支えている。とても良いコンビです。
作者さんのTwitterを見ると重版も決まったみたいだし、すでに4冊分ほど書いているということなので続刊にも期待が持てます。とてもおすすめの作品です。